正木の花とり踊り 2008

愛南町正木で 戦国時代から続いている伝統の「花とり踊り」(愛媛県指定 無形民族文化財)
が好天に恵まれた15日に行われました。



“正木花とり踊り”は、はじめ「花賀踊り」といわれ、
篠山権現の祭礼の日に花賀という悪者の霊を慰める由来があり、
三か所に移動して古式そのまま厳粛にとり行われます。(愛南町HPより

踊る場所は 「権現様」「歓喜光寺の境内」「旧庄屋 蕨岡家の大楠木の前」
今年は権現様で踊る時間には間に合わず 2か所の撮影

まずはスライドショーで 雰囲気を感じてください。

1)持っている刀は真剣です。
 樹齢700年を超す大楠の前で
a0057905_946220.jpg


2)
a0057905_9465755.jpg


3)
a0057905_9474565.jpg


4)
a0057905_948169.jpg


5)踊りの合間とか移動中は緊張もほぐれて

a0057905_950452.jpg


6)何の会話かな? かわいいですね。
a0057905_951555.jpg


7)歓喜光寺から蕨岡庄屋さんへ移動中
a0057905_9522174.jpg



a0057905_9554763.jpg


a0057905_956535.jpg


本日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。
by hatimitu0415 | 2008-11-17 09:38 | 愛南の祭り・ イベント | Comments(8)
Commented by reon-roses at 2008-11-17 12:43
こんにちは~~~
真剣で舞っているときと、合間の表情の違いを撮られていて面白いですね。
真剣にものごとをするときの意味はここからきたのかしら?

↓のつきあいは大迫力ですね!!☆
hatimituさん地方では伝統をしっかり守っておられて素晴らしいです♪
景色も美しいし、日本のいいところがたくさん残っていますよね。
Commented by (▼д▼)/=馬主さん at 2008-11-17 15:29 x
11月15日に有るのですか
今度機会を見つけて観に行きます!!

真剣とは少し危ない気もしますが。。。。。。。。
Commented by hatimitu0415 at 2008-11-17 19:08
★ reon-rosesちゃん こんばんわ

この踊りに参加する人たちは 数日生臭ものは食べないで
この日に臨んでいます。
しめ縄の中には 一般の人は絶対入ったらいけない神聖な場所なんですよ。
全部終わったとき 太鼓たたきの小学生が「お菓子」を貰って帰っていくのを見たとき ほほえましく感じました。
踊るときは きりりとしていましたが・・そんなギャップがいいでしょう。
Commented by hatimitu0415 at 2008-11-17 19:09
★ (▼д▼)/さん こんばんわ~~

今年は11月15日
実は 旧暦で行うので 毎年日が違うのです。
ごめんなさいね。
Commented by hiro-photo at 2008-11-17 21:02 x
こんばんは。
踊っている時の顔は真剣そのものですね。
一つ間違えれば、大怪我をしますね・・・・。
伝統が若い人に受け継がれてこれからも代々続いていくでしょう、良い事です。
Commented by hatimitu0415 at 2008-11-18 07:12
★ hiro-photo さん おはよう~ございます。

どこでも若い人たちの減少が深刻な問題で ここでも昨年より2名少なかったようです。
400年も続いた伝統行事 ずっと伝えてほしいものです。
Commented by goldpony767 at 2008-11-18 18:49
真剣?
四国って凄いところですね。
こんなお祭りが残されてゆくのですね。
Commented by hatimitu0415 at 2008-11-18 20:24
★  goldpony767さんこんばんわ

寒くなりましたね~。

わが町には この様に 真剣で踊る 無形文化財が二つあるのですよ。
戦国時代は必要だった刀かもしれませんが
近くで見ると扱い方も注意しないとこわいですね。



<< 今頃 アメリカデイゴ? 突き合い(闘牛) >>